専業主婦でも借りれるカードローン

妊娠するまではバリバリ働いていて共働きだった家庭でも、いざ子供が出来ると妊娠、出産、育児の為の産休、育休を利用する人が多いでしょう。 この期間は今までと同じ様には働けなくなりますので、世帯収入としては大きく減ってしまいますよね。

また妊娠中、出産後や育児中は体調不良にもなりやすいので、自分の病院に通ったり子供の為にかかる予定外の出費などもあったりします。 ただでさえ収入が減ってしまったのに、出費はどんどん増えていって家庭のお財布事情が厳しくなってしまって悩んでいる専業主婦の方は沢山いるのではないでしょうか。

妊娠や育児でいっぱいいっぱいの時にお金の問題まで出てくるのはかなりメンタルにきますよね。そんな時に少しでも家計の足しになるお金があれば精神的にかなり楽になることができます。 そこでここではそんな専業主婦の方でも借りれるカードローンはあるのか?あるとすればいくらぐらい借りれるのか?などを中心に解説しています。

働いていないのに専業主婦でも借りれる?

主婦がお金を借りるとすれば消費者金融や銀行のカードローンを利用してお金を借りる人が多いですが、専業主婦となる収入が無いことを意味するので話は別です。しかし、専業主婦でもお金に困る人は数多くなってしまうのでそんな方に銀行によっては融資を行っているところがあります。また消費者金融の中には配偶者貸付といった配偶者の同意や提出書類があれば可能な業者もあります。

>>専業主婦でも借りれて人気の銀行を見るにはこちらから

専業主婦がお金を借りるには総量規制が鍵を握る

先ほども説明した通り消費者金融では一部融資可能、銀行も一部融資可能です。これには法律が関係してきます。消費者金融は貸金業法で総量規制として年収の1/3までのみ融資可能とされ、総量規制の範囲内であるのに対して、銀行では銀行法が適用されるので総量規制の範囲外となります。ですので収入のない専業主婦でも実質お金を貸してくれるんですね。専業主婦でもお金は借りれますが、銀行の中でも配偶者の同意があればOKなところと同意がなくても自身の身分証明書の提示でOKなところがあります。

>>専業主婦でも借りれる総量規制外の金融機関はこちらから

専業主婦が借りれるのは30万円〜50万円までが一般的

最近はカードローンサービスに積極的な銀行が多いので専業主婦でも融資してくれるところも多いですが、お金を借りれるのは30万円〜50万円までが一般的です。これ以上の金額を貸してくれるところもあるかもしれませんが、おすすめ出来ませんし違法な闇金のような業者ぐらいしかないでしょう。 また銀行カードローンを初めて利用する人が上限金額いっぱいの50万円などを希望しても融資は難しいかもしれません。※旦那の収入や勤続年数、職種や借入の有無などによって変わる そこで身分証明書のみの提示で借りれる銀行カードローンがあったりするので当サイトではおすすめしています。それは配偶者の同意が必須になるような銀行よりも審査が厳しくはない傾向があるのでおすすめなんですね。

まとめ

  • 専業主婦でも借りれるのは銀行カードローンと配偶者貸付のある消費者金融のみ
  • 専業主婦が借りれるのは上限30万円〜50万円までが一般的
  • 消費者金融は貸金業法が適用され総量規制が適用され範囲内=年収によって融資可能上限金額が決まる
  • 銀行は銀行法が適用されて総量規制の範囲外=借りれる上限金額は銀行によって変わる
  • 自身の身分証明書の提示で借りれる銀行カードローンが借りやすくておすすめ