まとまったお金

普段生活をしていればお金が必要になるのば当たり前ですが、急な出費が続いたり突発的な事でまとまったお金が至急必要になる事がありますよね。

ここではそんなまとまったお金が必要になった方向けに借りるにはどうすれば良いのか?また、借りる上で気をつけておきたい事などをまとめました。

>>まとまったお金が借りれる金融機関を見るにはこちらから

まとまったお金っていくら必要?

「まとまったお金が必要!」と言いましても人によっては5万円がまとまったお金と思う方もいるでしょうし、いや!50万円だ!と思う方もいるでしょう。

普段の生活で至急必要な事を考えるとするならば50万円もあれば大抵の事は解決出来るのではないでしょうか?

車が事故して廃車になったとしても中古車で年式や大きさに拘らなければ買えるでしょうし、新車であっても頭金として用意出来ます。出産費用にしても一時的には50万円以上を建て替える必要がありますが、後から国からの補助金として返ってくるのでなんとかなりますね。

また、急に車の免許が必要になって自動車学校へ通うとしても30万円ぐらいで済みますし、合宿であればもっと安く済みますよね。

それに引っ越しや学費などなど必要になる理由は様々ですが、多くの人がお金を借りるには主に消費者金融と銀行からになります。

消費者金融であれば50万円以上の借入には収入証明書が必要になりますし、銀行なら数百万円以上のところがほとんどなんですね。

どちらにしてもある一定額を超える借入となると身分証明書の他に提出書類が必要になってきます。そこで消費者金融と銀行でどうすれば借りられるのか?流れを見ていきましょう!

>>まとまったお金が借りれる消費者金融や銀行を見るにはこちらから

消費者金融

多くの消費者金融では50万円以上の借入が境目になってきます。これ以上の借入になると身分証明書の他に収入証明書等の収入を把握出来るような書類を提出しなければいけません。

至急必要であるなら収入証明書は市役所で発行してもらえる事を考えると、土日や祝日がある場合なら用意が遅れてしまいますよね。ですので50万円を超えるかどうかで手間が変わってきます。