生命保険でお金を借りるための条件

生命保険でお金を借りる方法と聞けば、少し怪しい情報と思われてしまいます。実際には生命保険でお金を借りることができます。しかし、掛け捨ての生命保険に入っている場合は、お金を借りることはできません。生命保険でお金を借りるための条件は、払い込んだ保険料に対しての一定の割合の解約返戻金が設定されていることが前提となります。あくまでもこれまで支払ってきた保険料があり、なおかつ掛け捨てではなく、解約返戻金があれば、このお金を担保としてお金を借りることができます。このように生命保険でお金を借りる方法を「契約者貸付制度」と呼んでいます。 契約者貸付制度は、生命保険を契約し毎月保険料を支払っている方であれば、誰でも利用でき、審査がなく、金利も低めに設定されているため、いざというときのための借金に活用できます。

金利が有利な契約者貸付制度

契約者貸付制度では、解約返戻金額の70%〜90%の範囲内でお金を借りることができます。この金額は、生命保険会社や生命保険の種類によって全く違うため、自分が加入している生命保険でお金を借りることができるのかどうかは、保険証券を見るか、ネットの会員サイトで調べるか、それでもわからなければ、保険の担当者に聞いたほうがいいでしょう。 あくまでも「貸付」ですので、借りたお金を返済する必要があります。利子分の返済では、生命保険の予定利率に1%〜2%を上乗せした金利に設定されています。予定利率とは、生保が約束する保険金の運用利回りのことです。この予定利率は、2%や3%といった低い利率になっており、それに利率を上乗せしても、カードローンやキャッシングの金利と比べると格段に低くなっています。契約者貸付制度は、生命保険を解約しなくても、低利で融資されるため、使い勝手のよい借入方法です。

生命保険の契約者貸付制度の利用方法

契約者貸付制度は、積立型で解約返戻金がある保険で利用できます。例えば、終身保険、養老保険、個人年金保険、学資保険などです。ただし、契約手続きをしてから間もない保険は、解約返戻金が少額です。そのため契約者貸付制度が利用できないことがあります。 契約者貸付制度を利用したい場合は、電話で保険会社に連絡し申込書などの書類の郵送が必要です。書類郵送後3日〜1週間程度で受け付けが完了し、所定の銀行口座に入金されます。また、保険会社の会員サイトからネットで手続きが完了できるケースが増えており、最短で申し込み当日にお金が振り込まれます。 生命保険の契約者貸付制度は、審査がなく、手続きも簡単で、返済期限がないため、使い勝手の良い借り入れ方法だといえるでしょう。

返済方法や契約者貸付制度利用の注意点

解約返戻金のある生命保険で契約者貸付制度を利用するメリットや注意点についてお伝えします。契約者貸付制度を利用してお金を借りれば、保険契約を解約する必要もありませんし、保険金が減ることもありません。金利は2%〜6%程度で、カードローンや消費者金融の金利と比べても圧倒的に低金利です。審査がなく書類提出やネットでの申し込みで全て手続きが完了します。また、保険契約の有効期限ならいつでも返済可能で、毎月いくら返済する、といった決まりや期限もありません。 注意すべき点は、保険契約者限定の貸付制度だということです。また、元金と利息の合計が解約返戻金を超えた場合は、保険契約が失効することがあり、注意が必要です。 満期や死亡時に、貸付残高があれば、当然ですが、元金から利息を差し引いた上で保険金が支払われます。