大学生、専門学生

大学生や専門学生の方で至急お金が必要になる時ってこんな時ではありませんか?

  • 親からの仕送りが足らない
  • アルバイトの収入が少ない
  • 財布を落としてしまった
  • ちょっとした学費の不足分
  • 遊びに行くお金が足らない
  • 就活でスーツや自動車学校代が必要

両親や友人に気軽に頼むことが出来れば一番話が早いしお金は早く借りれますね。しかし、そんないきなり貸してもらうにはハードルが高いかもしれません。

大学生や専門学生ならアルバイトで収入を得ている人がほとんどだと思うので余裕のある方はそんなにいないのではないでしょうか。

上記で色々と至急お金が必要になるケースを挙げてみましたが、まだまだ他にもありますね。

ここでは大学生や専門学生が至急明日までにお金を借りたい!今すぐにでも必要!そんな方向けに至急お金を借りる方法をまとめています。

学生でも借りれるのか?

消費者金融でも銀行でのカードローンでも20歳以上で、ある程度安定した収入があれば学生の方でも借りれます。無職では総量規制の関係から借りれませんが、アルバイトやパートで安定した収入があれば可能です。安定した収入といっても会社員などのように拘る必要はなく、長ければ長い程理想ですが、3ヶ月以上アルバイト先に在籍していればまず問題ありません。

>>ここから学生でも借りれる消費者金融や銀行を見る

ちょっとした期間だけ借りたいなら無利息サービスを利用する

ある程度毎月毎月安定した収入があって計画的に返済するのが決まっているなら無利息でのキャッシングサービスが消費者金融から出ているので利用出来るかもしれません。何日間と返済期間は決められていますが、その分利息がないのでお得に借りれますね。アルバイト等で収入を得ている学生さんにはとても人気で気軽に借りれるサービスです。ちょっとしたお金を借りる場合は少額融資での金利なのでほぼほぼ上限金利である18%ぐらいの金利になるでしょう。 10万円を借りると仮定した場合、年間ので金利だけで1万8千円もいることになりますからね。

明日までに借りたいけど可能?

明日までには借りたい、せめて今日中には借りたいなど大至急な場合でも借りれます。しかし、申し込む時間帯や申し込み方法によっては翌日の融資になってしまいます。 なるべく今日中に借りる為には14時50分までに審査回答が得られる状態に最低でもなっておかなければいけません。また銀行口座に振り込んでほしい時もそうです。これには銀行の営業時間が絡んでくるからです。それ以降で借りるとすればローンカードを利用して借りる事になります。また、時間外の場合は無人契約機を利用すればすぐに借りれますが土日の場合も同じ方法です。注意しておきたいのはなるべくネット申し込みをして審査回答が得られる状態にしておくこと。もしくは審査回答が来てからにすれば無人契約機で契約するにも待ち時間なくスムーズにお金を借りれます。

>>明日までに借りたい方におすすめの金融機関はこちらから

学生時代に財布をなくしてお金を借りた「体験談」

私の体験談としてもう忘れませんが学生時代、飲みに行った時の帰り道に酔っ払っていたので気付きませんでしたが財布を落としていました。結構酔っていたので終電ギリギリで帰って風呂も入らずすぐにバタンキュー。 そして昼ぐらいから予定があったので昼前に起きて用意をしていると財布がなかったんです。 さすがに焦りました。その日はたまたまお金を使う予定ではなかったんで奇跡的にも良かったんですが、この後の生活費が足りません。 警察に行ってはみたもののないとの話で財布はありませんでした。 さすがお金がないとヤバイので友人に「財布を落としてしまってお金がないから貸してくれない?」と言ってみましたが友人もちょうどその月は金欠で貸せるお金はないとの事で借りれませんでした。 親にも言おうとしましたが心配かけるのも悪いしと考えていると、消費者金融のCMが流れていて消費者金融でお金を借りる事に。 幸いにもアルバイトをしていたこともあってすんなり借りれました。そのおかげで給料日までの生活費がなんとかなって良かったです。 財布を落とした事が分かった時は冷や汗が出てきて一瞬頭が真っ白になりましたが、ピンチの時にお金を借りれるとありがたいですね。