消費者金融ランキングへはこちらから

お金を借りるとなると保証人も不要で真っ先に思いつく金融機関が消費者金融か銀行になるだろう。親や友人で借りれる人がいればどんなに良いでしょうか。

友人には「今度なんか奢るから〜」のように気軽に言えたらほとんど損をせずに借りれるし、親に借りるなら元本だけで「ありがとう!」とだけ言って返して終わりがほとんどでしょう。

しかし、金額によっては友人や親には言えないだろうし、何回も借りるとなると言い辛くもなる、またそんな頼れる人がいない!まあそんな人がほとんどになりますよね。

現に当サイト運営者である私、岡根も借り始めたのが大学時代の時で、もちろん厳しい家庭環境下にあったから親には言えなかったし、状況中で頼れるような友達もいませんでした。そんな時に非常に生活の味方になってくれたのが消費者金融のカードローンだったんです。

私の場合は味方となって非常に便利な存在ではありましたが、何事にも良い面もあれば悪い面もあります。一定の決まりはあるものの教科書がないし、格好で習うような事でもない為、中には誤った利用を繰り返し破産へと陥ってしまう人もいる。ここではそんな消費者金融カードローンの利用方法で、よくありがちな破産確率の高いミス5事例を紹介しています。

この5事例を事前に把握しておけば、破産するという最悪の結果を回避出来る可能性は非常に高くなると自信を持って断言します。消費者金融を利用することは何も悪いことではなく、むしろ本当に困った時に助けてもらえるありがたい存在であるので、利用方法さえ間違わなければ「あの時お金を借りておいて良かったなあ」と思えるでしょう。

消費者金融を実際に利用したけれども誤った方法で利用をしたことによって後悔する人も少なくはありません。 あなたがそんな1人にならない為にも、ここでは私の経験も交えながら賢く消費者金融を利用できるように導いていこうと思います。

破産5事例とランキング

まずは私、岡根は消費者金融利用者ではありますが幸いにも破産経験はありません。しかし、破産経験者の多くとと私の周りの経験者に共通していた事例を多い順でランキング付けしておきましょう!

必要以上に借りてしまっている

5万円が必要で借りるつもりがたくさんあった方が安心だからと10万円など必要以上の金額を借りてしまうケース。もちろん必要以上な金額を借りてしまえばそれだけ返済する時の利息は増えるし、借りた後の生活にも響いてしまう。これはよくありがちなケースで始めは5万円だけ借りて、これだけサクッと借りれるのならと味をしめてしまい、また借りたい時になったらその時に必要以上の金額を借りてしまうケース。

返済日、引き落とし日を知らない、または忘れている

当たり前ではありますが消費者金融でもどこから借りるにしても返さないといけない。分かってはいるもののお金が必要だからと焦っていればいるほど借りたら安心してしまって返済の事を忘れてしまっている、もしくは返済に関して無関心すぎている場合でも同じ。消費者金融を利用する前にはしっかりと返済日を確認しておくことと忘れないようにカレンダーに記入したり、スマホアプリを活用して工夫する事が重要です。返済期限が過ぎれば損害遅延金も発生する上に督促状が届いたりする為、気をつけておきたいところですね。

借入返済の為に新たにキャッシングする

破産の道へと大きく近付く第一歩と言えるのが借金返済の為に消費者金融カードローンを利用してキャッシングするパターン。雪だるま式で自転車操業で蟻地獄のように一度入ると中々抜け出せなくなる。言い方は大袈裟かもしれないが気が付けば闇金のように毎月の利息返済だけで圧迫するようになってしまう事も。

無計画なキャッシング

ただただ目の前の事に流されてしまい返済のあてもないのに消費者金融に飛びついてしまうパターン。借りる事は決して悪くないが返済のあてがないのにお金を借りてしまうのはまずい。無職は論外としてアルバイトやパートでも利用出来る消費者金融のカードローン。「ご利用は計画的に!」と格言のように有名な言葉があるように無計画なキャッシングは危険極まりない。

無駄遣いが多い、浪費癖のある人

男性ならパチンコや競馬などギャンブルであったり、飲み代、それから車の購入など。女性なら過剰な美容品の購入であったりエステ、服など悪いとは全く思わないが生活水準よりも上回った浪費を繰り返している人は危ない。

大手の消費者金融カードローンがおすすめ

私、岡根もあまりよく知らない物を買う場合、大手メーカーが出している物を買います。大手以外の物を決して否定しているわけではなく、大手が出している物であれば困った時やトラブルが起きた時に教えてくれる人がいたり、調べる事がしやすいからなんです。

過去に大きいテレビが激安で売っていて、安さに負けて買ったはいいものの2年ぐらいでトラブルが起きました。その時に何かの設定でそうなったのでは?と思い調べてみましたが、マイナーなメーカーのテレビだった為に調べても情報がほとんどありませんでした。

結局故障だったのですが、メーカー保証期限も切れているし有料保証も入ってなかったし買い替えました。これはテレビだけに言える事ではなく消費者金融カードローンを利用する時もそうだと言えます。

消費者金融やカードローン事情について精通するぐらい詳しければ中小消費者金融や、その他の消費者金融でも良いかもしれませんが、このページを見ているあなたはそんな事なないと思います。そこで大手の消費者金融カードローンを利用してキャッシングするのがおすすめなのです。

消費者金融ランキングへはこちらから

合わせて読んでおきたい関連記事