キャッシングとカードローンの違い

お金を借りる場合、消費者金融業者からしか借りられないと思っていたら損をしてしまうかもしれません。それは他にもお金を借りる業者があるからです。

消費者金融以外では銀行からお金を借りる方が最も安心で借りやすい方法だといってもいいでしょう。

銀行で取り扱っているカードローンといえば店舗で何気なく宣伝していたり、テレビCMでも見かけるはずです。

住宅ローンや自動車ローンと同じく、やはりお金は銀行から借りるべきです。

その理由は総量規制対象外であったり無担保で借りられる点です。消費者金融系のキャッシングは年収の3分の1以上の貸付ができなくなっており、業者にその制限がかけられています。

ところが銀行カードローンは総量規制の対象外で他社の借入があったり、無職の学生や専業主婦でも審査が通りお金を借りることができます。

銀行カードローンが有利になる理由

銀行カードローンが有利になる理由は、その他の消費者金融業者に比べると圧倒的に金利が低くなっている点です。

最大の利用限度額も500万円を超え、場合によっては1000万円まで借りることができます。 利用限度額が多くなると、実質年率も、2%や3%台にまで下がっていきます。

こうして、より有利にお金を借りることができます。 また、WEBでの申し込みでは、100万円や200万円までの利用を考えているなら収入証明書が不要になり、身分証明書のみで最短即日でお金を借りることができます。

同じ条件でお金を借りようとすると、消費者金融のキャッシングなら、最大でも50万円が限度でしょう。

金利が低くなり、借り換えにも利用しやすく、おまとめローンにも銀行カードローンが使われることがあります。

初めてでも申し込みしやすい銀行カードローン

カードローンは初めての方にこそ申し込んで欲しい借金方法と言えます。

定期的な収入や年齢なども審査項目として考えられていますが、土地やクルマなどは審査の対象になりません。

銀行カードローンは本人に収入がなくても申し込みが可能な銀行もあり、実際に審査に通っている方もたくさんいらっしゃいます。

専業主婦や無職の学生でも借りられるということは銀行カードローンの審査では収入の多さは全く関係ないという考え方も出来ます。

それにネットでの手続きのみで完結できる場合はネットで申し込んで、その日中にお金を銀行口座に入金してくれる銀行カードローンもあります。

初めてでも申し込みしやすい点は、消費者金融と同じですが、収入がなくても申し込みが可能であることは、あまり知られていない意外な事実かもしれません。

銀行カードローンでの審査のポイント

銀行カードローンに申し込む際に、気になる審査のポイントについてお伝えしましょう。

まずは収入面です。
収入が多ければ審査でもプラスになりますが毎月一定の収入があるほうが、審査での評価が高くなります!

同じ年収でも毎月の収入の安定度がポイントになるというわけです。

キャッシングやカードローンの審査ポイントで「安定した収入」とさらっと書かれていることがありますが、その意味をよく知っておきましょう。

他社での借入状況もポイントです。ここでは返済能力が問題です。

収入に対して他社での借り入れがどのくらいあるのかによって、貸し出すお金も変わってきます。

最後は過去の事故歴です。
支払いが滞ったり「任意整理」や「自己破産」があったりすると、信用情報機関に登録されます。

過去の事故歴があれば必ずといっていいほど申し込み審査で落とされてしまいます。
他にも雇用形態や勤務先、持ち家の有無、家族構成などの要素も銀行カードローン審査のポイントです。